はじめての米作り > 脱穀されたわらを干す

何かと話題になったワラの話。
コンバインで刈取時に出るワラは束ねた状態や細かく刻んだ状態(全カット)が選べる。多くは刻んで出し、
田圃の土が凍る前に鋤き込んで土壌改良する。
野菜作りなどでワラを使うことがありホームセンターでも結構な値段で売っている。この場合は束ねた状態で出す。
そのワラは天日で乾燥させてから小屋などに取り込むわけである。田圃にほったらかしにしておくと腐っ
てしまい用をなさない。
干し方は写真の様にワラの束を4束集め、穂の付いていた方をまとめて縛り、裾を広げて立てておくだけである。
このもっと規模が大きく整然と並んだ光景を風物詩として写真に撮る人もいる。

ワラ干し
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Since Nov.16, 2010
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
日本時間
プロフィール

自由人

Author:自由人
雑多なブログです。興味のあるカテゴリを探して下さい!

※経過観察的記事が多いので新規の記事でも過去の関連記事に追記する場合が多いです。その場合にはなるべくご案内いたします。

最新記事 (追記の場合は表示されません)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
フリーエリア
リンク