接木に挑戦!

5/1
早秋と言う、この寒冷地でも栽培できる甘柿があり、昨秋はかなりの数の収穫をすることができた。
9月末に収穫できるとのことだが、開花の遅いここでは10月半ばになると渋が抜けて食べられる。

早秋は単為結果性があるので受粉しなくても実がつくが生育の過程で落ちやすいので受粉樹
から花粉をもらって人工授粉してやる。または近くに植えて自然にまかせる。
私の場合、受粉樹(禅師丸)を植えているがまだ若いのか昨年も花粉のでる雄花が咲かなかった。

今年は、受粉樹の枝を早秋に接ぎ木して見る。受粉樹が早秋の一部になれば、受粉樹を植え
ておく必要がなくなる。但し接木が上手くいったとしても雄花が咲くかはわからないのでど
こかの雄花の咲く柿の木を使った人工授粉の手立ては考えておく。

接木というものをこれまで一度もやったことはないので上手くいけば今後の園芸の楽しみに幅が
出る。以下は、今日の接ぎ木の記録写真である。

写真1 3月に採取し冷蔵しておいた禅師丸の穂木
接木1

写真2 台木(早秋)の適当な枝を切り、カッターで割る。剪定鋏が切れないのでスパッと切れなかった。
接木2

写真3 穂木(禅師丸)の上下を確認し、下をくさび型に切って台木に差し込んだところ(差し込み途中)
接木3

写真4 テープで巻いて固定と乾燥を防ぐ。2か所接木した。
接木4
*************************************************************
6/8 接ぎ木は全て失敗でした。来年また挑戦。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

非公開コメント

Since Nov.16, 2010
カレンダー
11 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
日本時間
プロフィール

Author:自由人
雑多なブログです。興味のあるカテゴリを探して下さい!

※経過観察的記事が多いので新規の記事でも過去の関連記事に追記する場合が多いです。その場合にはなるべくご案内いたします。

最新記事 (追記の場合は表示されません)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
フリーエリア
リンク