果物 まとめ

9/13
現在成っている/収穫した果物を紹介して見たい。

今年の新顔、ペピーノ。収穫はもう少し先。虫食いの凹みが出来るのだが何虫のしわざ?
ペピーノ関連記事はこちらです。
pep1.jpg
pep2.jpg
pep3.jpg
縞が入ったものをひとつ採って剥いて見たが、あまり甘くはなかった。昨年の鉢植えに
成ったものは、甘く、挿し木で量産したのだったがなぜだろうか。卵のように白いからまだ
未熟なのかも知れない。
<追記>
その後、縞が入ったもの、黄色になったもの、多少軟らかいもの、収穫した後追熟したり
など何個か食してみたがどれも甘さが足りない。とても美味しいというものではない。
昨年の鉢植えに成ったのはずっと甘かった。
考えられるのは、肥大するころ雨や曇りが3週間ほど続き日照がなかったことによるのか
も知れない。
挿し木から畑に植え、トンネル栽培、追肥等手を掛けた積もりなのに残念至極。
一株を鉢に移し、温室で越冬させ、来年また作ってみるつもりである。
早めに挿し木し、トンネルで栽培、脇芽掻きもしっかり行って実数も減らして見よう。
トマトーン散布も忘れずに行う。


キウイ
天候がよかったのか良く成った。おばけ実はジベレリンを掛けた部分か。
kiwi1.jpg
kiwi2.jpg

ころたんメロン
稲の育苗の終わって空いたハウス内に5月に植え付け、成長が遅く心配した。
7月に入り、水もやらない灼熱のハウスの中で一気に成長、1苗で8個収穫。
露地のプリンスが終わった後に熟し始めたので賞味期間が長くなって都合良い。
確かに連作には強いと思う。
meron korotan

甘柿 早秋
今年は生り年ではない上、アメシロが大発生。消毒も効かなくなっている。
わずかこれだけ。
KAKI SOSYU

ぶどう藤稔
まだやや早いが、つまみ採りして食べている。100%無核化に成功。
budo.jpg

果物ではないが今年の新顔、信州特産のモリアザミ
ヤマゴボウの醤油漬けが好きなので栽培に兆戦してみた。花はいつ咲く?
生え口は悪かったが十分大きな株になり、株間は狭いくらいだ。
moriazami.jpg

そのほか今年の新顔に盆菊があり、盆花を買わずに済んだ。
写真は既出
kiku.jpg




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Since Nov.16, 2010
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
日本時間
プロフィール

自由人

Author:自由人
雑多なブログです。興味のあるカテゴリを探して下さい!

※経過観察的記事が多いので新規の記事でも過去の関連記事に追記する場合が多いです。その場合にはなるべくご案内いたします。

最新記事 (追記の場合は表示されません)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
フリーエリア
リンク