固定電話の子機のボタン修理

9/24
固定電話の子機の特定のボタン(十字ボタン)が効かなくなってしまった。
十字ボタンは子機の機能設定や着信記録確認等に使われるから
働いて欲しいわけである。最初に同じ型番の子機がヤフオクにジャンク品
として出ていたのでダメ元で取り寄せ、試して見た。

現状でも十字ボタンが効かない以外は子機の最低限の機能は果たしてい
るからいろいろしているうち、子機が設定できなくなるリスクを考え、取り説
で子機の減設、増設を1台でも可能かを読み、念のためサポートセンタで
それが出来ることを確認した。
そしてヤフオクのジャンク品は通話は正常に働いたが、同じように十字ボタンが
効かなかった。

それで以下ネット記事を参考に同じことをやって見,、結果的に直らなかったがその顛末を記す。
先日テレビのリモコンのボタンが効かないのを直したこともあり、恐れることは無かった。

分解
ボタンの接触不良を直すにはとにかく分解しなければならない。
元からあった子機を分解し、ヤフオクの方は手を付けないでとって置く。
電池収納部にあるネジをまず、はずすが、これが特殊ネジであって
電池収納特殊ねじ
通常のドライバーでは外せない。ゲーム機などに使われているようで
専用ドライバも売りがあるが1400円ほどする。そんなものを買うのは
馬鹿げている。

ラジオペンチで外そうとしてもペンチの先が厚くて入らないので滑ってしまう。
そこでHCで使い捨てでもよい安いラジオペンチを買い(100均ならもっと安い)、
デスクグラインダで両先端の外側を削った。
ねじはずし neji.png

これでラジオペンチが底部まで入り、ネジの頭を捕捉できて回すと外せた。

清掃
これは分解した写真である。
分解写真
一般的なもので、ボタンを押すと対応する基板の電極がボタンの導電部で
ショートされてセンスされる。
ボタンの表面には導電塗料のカーボンが塗られているが、埃や劣化などで
基板電極と導通しなくなったと思われる。その場合、ネット情報によれば、
基板電極とボタンの頭を接点復活剤で拭くように書いてある。接点復活剤は
手持ちのものがあったので綿棒で軽く拭いた。強く拭くとボタンのカーボンが
取れてしまうとも書いてある。

ボタンが効かなくなっているのは、十字ボタンで、小さな面積のボタンほど早くダメに
なるようである。写真からも、十字ボタンに対応する電極は、数字ボタンのそれより
かなり小さいのがわかるだろう。
 (追記)基板電極には黒く導電塗料が塗ってあるが、金メッキのままのものもあるようだ。
 導電塗料が磨り減って接触不良になるのなら基板電極は金メッキのままの方が
 有利に思われる。 また清掃に接点復活剤を使用したが、今考えると接点復活剤が
 磨り減った導電塗料の代わりをするわけでもなく意味が無いことがわかった。銀
 ペーストと言う導電塗料を塗ればよいだろうが少量の販売はなく高くて買えない。

接点復活剤で全部のボタンの頭と対応する電極を拭いた後、組み立てた。
さあどうかなと期待して通電したが、やっぱり十字ボタンは機能しなかった。
今日はこれで止めておく。気が向けばこんどはテレビリモコンで上手くいった
CD/DVDクリーナでやって見る。ネットにはボタンのカーボンが劣化している
場合、アルミテープを貼る方法もあると書かれている。
(追記)
十字ボタンの頭にアルミホイルを貼り付けたところ、十字ボタンが正常に効く
ようになった。接着剤に初めゴム系(黄色が多い)を使ったがボタンになじみ
が悪く付かなかった。次にバスコークを使用したところ接着した。アルミホイル
の面はどちらの面でも良いようだ。

これはTVのリモコンのゴムにアルミホイルを貼り付けた例(拡大可)
リモコン修理
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Since Nov.16, 2010
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
日本時間
プロフィール

自由人

Author:自由人
雑多なブログです。興味のあるカテゴリを探して下さい!

※経過観察的記事が多いので新規の記事でも過去の関連記事に追記する場合が多いです。その場合にはなるべくご案内いたします。

最新記事 (追記の場合は表示されません)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
フリーエリア
リンク